車中泊でのオススメグッズ【親に何度も家を追い出された私が選ぶ】

車中泊でのオススメグッズ【親に何度も家を追い出された私が選ぶ】

何らかの理由で車中泊をしなければいけない時はあると思います。

車中泊する理由
  • 仕事が夜遅くまで長引く
  • 親に追い出される
  • 車生活が好き

ですが、何も道具がないと車中泊も身体痛めますししんどいだけですよね?

そんな車中泊に約にたつグッズをご紹介します。
車中泊ですので、
今の時代駐車場でエンジンストップをお願いされている場合も少なくないと思うので、
エンジンを切っているの時にも注目し記事を書いております。

この記事でわかること
  • 車中泊でのオススメグッズ オールシーズン
  • 車中泊でのオススメグッズ 夏
  • 車中泊でのオススメグッズ 冬

車中泊にオススメ商品をご紹介します。

スポンサーリンク

車中泊でのオススメグッズ オールシーズン

まずは、どの季節でも使えるグッズからご紹介いたします。

ハムフロ
ハムフロ
一年中使えるものは役に立つこと間違いなし!

温冷ドリンクホルダー


夏は冷えたジュース
冬は暖かいジュース

を飲むことができます。

これは普通のドリンクホルダーとは違い、
シガーソケットにつなぐタイプのドリンクホルダーです。

用は電気を使うことにより車の中でもジュースを
温めたり冷やしたりできるということです。

これは私なんか初めて見た時、
ちょうど旅する時でしたので即買いしました。

夏も冬も臨機応変に対応できるので、
オールシーズンいける優れものです。

寝具

車中泊ですので寝具はあったほうがいいです。

連泊するときなんかは特に注意してほしいのですが、

寝具なしでも寝れることは寝れますが、
運転席や助手席で寝ると足がパンパンになり
エコノミー症候群になる危険がありますし

全体的に寝るのに適した姿勢ではないので身体を痛めます。

できるだけ足をのばして、横になって寝るのがいいです。

寝具はあったほうがいいです。

寝具
  • 車内用枕
  • 車内用毛布

ポータブル電源やモバイルバッテリー

現代人必須ですね。

電気がないと車中泊も不便に感じてしまうかもしれません。

特に夜コンビニなんかに駐車して寝たい時なんかは
エンジンストップをしないと近所迷惑になる店舗もありますので

エンジンオフにして就寝するときに下の商品なんかを使用できるのは力強い仲間となります。

ポータブル電源
  • 長時間電気を使用
  • 電気を食う商品を使用
  • シガーソケット対応商品を使用
モバイルバッテリー
  • あくまでも携帯充電がメイン
  • 幅を取りたくない場合には使い勝手がいい

など車中泊でガッツリ電気が必要か、
携帯だけで十分かで分けていきましょう。

他にも
  • 携帯充電
  • ゲーム機充電
  • 車内用ケトル
  • ノートパソコン
  • 車内用扇風機
  • 車内用電気毛布
  • 車内用DVDプレーヤー

などに使用すると快適になりますね。

消費電力があまりに多すぎる商品は使用できないので調べてから購入しましょう。

電気がないと現代人は生活できませんっ。

シガーソケットやUSB

デフォルトですとシガーソケットの差込口は
大体1つしかありません。

シガーソケットは様々なことに使えますが

ひとつのみとなると
携帯の充電器ぐらいしか使えないと思います。

それで十分な方でしたら問題ありませんが、

充電する機会
  • 携帯を充電する
  • ゲーム機を充電する
  • 車内を光らせる
  • ポータブル充電器のバッテリーを充電する
  • アイコス充電

など用途によってプラグを差し替えしなくても
全部できるようになれば快適ではないのでしょうか?

そんな方は
シガーソケットやUSBの差込口を増やしましょう。

シガーソケットに加えUSBの差込口もついている
増設ポートも売っております。

コンビニの駐車場などで就寝される方は

近所迷惑にならないよう
寝る前にはエンジンオフをしましょう。

暇つぶし道具

車中泊とはいえ、
よっぽど長時間運転でお疲れでもない限り
駐車をして即寝れるなんて人ことはそうそうないと思います。

特に運転中にできなかった
lineの返信やゲーム

なんかは停車してからじっくりやることは
よくあるでしょう。
自分の時間を大切にしたい方は

暇つぶしに
  • スマホ
  • <ゲーム機
  • 本や漫画
  • DVDを観る

なんて準備すると就寝前が楽しくなるでしょう。

車中泊でのオススメグッズ 夏

夏になると車内生活は本当に厳しいので対策はきっちりしましょう。

熱中症や脱水も恐ろしいものです。
車中泊うんぬん、車内では
ダッシュボードに熱がこもりやすいため
常に気を付けなくてはいけません。

真夏の車中泊
【冷房】車の冷房が効かない時はこれで車中泊を乗り越えましょう車の冷房が壊れてしまった経験ある方ならわかると思いますが、 すぐに直せるものではないですよね。 冷房が効かない時にこうすれば真夏の暑い車内も過ごせる方法ご紹介します!...

スポンサーリンク

サンシェード

車停車中は必須レベルです。
ダッシュボードの熱が原因で、
車内の温度が上がり、

外よりも熱くなるので、
ダッシュボードに日が入らないようにサンシェードをしましょう。

100均のサンシェードでも全然効果ありで、確実に温度は下がります。

ダッシュボードには外付け、中付けの2種類ありますが、

機能重視の方は
外付けでしっかりと車を覆うタイプのモノ

手軽さ重視の方
中付けをおすすめします。

もしもの話ですが
車中泊なので、寝てる時に盗まれる危険性を考えれば外付けは危ないです。

ですが、夏の車内温度を下げるには必須なグッズです。
取付が楽なタイプをオススメします。

クーラーボックス

夏は水分補給が大切なので、
キンキンに冷えたジュースが飲みたいなら

クーラーボックスがあるといいでしょう。

今はUSBやシガーソケット対応のクーラーボックスがあり、冷やすこともできます。

お金を掛けたくないなら
100均のクーラーボックスに
100均の保冷剤を入れるのがオススメです。

長い日数滞在するなら
電源タイプのクーラーボックスがいいでしょう。

扇風機

エンジンオフにして寝る時に扇風機があると助かります。

USB対応の扇風機でも
ポータブル充電器を繋げばエンジンオフでも車内を涼しくしてくれるからです。

場所によっては駐車時にエンジンオフにしないと怒られてしまう場合がありますが、

車内を涼しくするものがないと、
暑すぎて車内に居られません。

主にエンジンオフの時に効果を発揮します。

車中泊でのオススメグッズ 冬

今度は冬です。

夏と違って日中よりも夜が寒すぎてしんどいです。

しっかり対策しないと風邪ひきます。

布団

言うまでもなく寒いからです。

日中は日が差してそれなりに暖かくても、
夜から朝にかけては寒いですよね。

上着を沢山羽織るのも良いかもしれませんが、車内じゃ大変ですし、ゴワゴワします。

手軽に敷くだけで温まる毛布が1枚でもあると違います。

エンジンオフにして就寝する場合には電気毛布をオススメします。

防寒具

寝る前や寝起きにトイレ等で外出る時用です。

沢山重ね着しすぎもゴワゴワしますが、

防寒具はあると大分違います。
車中泊とはいっても車内トイレある方はそうそう多くないので、

車中泊前に施設のトイレ行く時すらも寒くてしょうがないので、外歩くように防寒具はオススメです。

寝袋

手軽に就寝するにはうってつけです。

やることも
寝袋敷いて、入り、ジッパー閉めるぐらいなので楽です。

種類も様々で

寝袋の種類
  • マミー型
  • 封筒型
  • 人型

とあります。

好みのスタイルで車のサイズにあったサイズの寝袋を購入しましょう。

使い方が楽なのでめんどくさがりな方にオススメです。


では。

スポンサーリンク

ABOUT ME
ハムフロ
社会人ブロガーです。 ハムスターとサウナが好き。 サウナスパ健康アドバイザー取得。 趣味半分×仕事半分で楽しくやってます。 サイト運営、記事作成、イラスト全て一人の完全個人です。 夢は仕事やめてキャンピングカーでサウナ巡りすること。 ※イラストの無断使用は禁止です。 詳しい自己紹介

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。