仕事

転職回数の多い30代が内定取った方法

転職回数の多い30代が内定取った方法

早く仕事につかないと生活ができない
と悩んでいる方へ。

転職回数が多くても内定と取れた方法ご紹介します。

私の年齢は現在33歳ですが、

【6社】辞めており現在【7社目】です。

ここまで酷い職歴の人間はなかなかいないと思いますよ(笑)
そんな私でも、前職を離職してから3か月で内定取れ、無事就業しております。

なので、

  • 転職回数の多さに悩んでいる方
  • 退職理由どうしようと気にしている方
  • 転職回数多いがために就職活動苦戦されている方

は、どうやって就職したか参考にしていただけると幸いです。

転職回数多くても無事に内定勝ち取りましょう!

スポンサーリンク

転職回数多い方は下準備が大事

走るハムスター

基本就職活動される方は下準備しているので、
その方よりも入念にです!

人よりハンデがあると思ってください。

転職サイト登録

ハローワークより転職サイトおすすめです。
無料でサポートしてくれますし、

求人情報も見やすいです。

私はDODAとリクナビネクストに登録しておりました。
どちらも無料でサポートしてくれますので有効活用しました。

2社を使い分けていましたが、
それぞれのメリットをご紹介します。

DODA

DODAのメリット
  • 書類選考なし案件多数
  • 企業からの直接オファーあり
  • 求人情報に企業の画像もふんだんに使用されているため見やすい
  • 会社ごとの選考状況が一覧で確認できる



リクナビネクスト

リクナビネクストのメリット
  • 履歴書、職務経歴書をメールで送れば添削してくれる
  • サポート担当が電話でオススメ求人案内してくれる
  • 職種で悩んでたりしても一緒に考えてくれる

ハローワークでもいいんですが、
求人サイトのほうがサポートも手厚く、会社情報も電話で教えてくれるので探しやすいです。

エントリー

各会社の特化しているサービスを利用するのが一番です。
無料なのでどんどん活用しましょう。

オススメ活用法
  • 面接や転職に関する相談をしてもらう
  • 履歴書・経歴書は添削してもらう
  • 自分の情報はできるだけ全部埋める
  • 各サイトのいいところを取り寄せる
  • オファーやオススメ求人は結構来るのでこまめにチェック

他にも転職サイトは多々ありますので、
いろいろお試しください。

面接対策

工事現場

企業について調べておく

オリジナルがあると強いです。

例えば志望動機を聞かれた際、

  • 環境がいいから
  • コミュニケーションがとりやすそう
  • 社会貢献できそうだから

などのセリフはどの会社でも当てはめて言うことができます。

また、企業は

面接官
面接官
複数ある会社の中でどうしてウチを選んだんだい?

とも思ってます。

なので、面接をする会社にしかない
独自の魅力をしっかり言えると強いです。

  • 地域満足度NO1に表彰されている
  • 世界シェア95%を誇る部品メーカーである
  • ラーメンの味よりも人間関係にとことんこだわる手腕に惹かれた

など、企業について調べ
その企業にしかない魅力を言えれば強いです。

質問事項を用意する

面接では必ず質問をしましょう。

質問もなしで面接終了すると

面接官
面接官
ん~~~…何も聞いてこないなんて。。
この子はうちの会社にはさほど興味ないのかな?

なんて思われてしまいます。

質問は社会人の鉄則なので、
これも大切です。

  • 企業の求人情報に関する質問
  • HPみたけどよくわからなかったこと
  • 面接前の会社説明で分からなかった所

など探せば出てきます。

会社に関することが100%はわからなくて大丈夫です。
だから質問するのです!
とにかく質問は必ずしてから終わりにしましょう。

面接官も時間で区切っておりいつまでも居残りできないので

大体【2.3個】質問言ったらお時間です!と面接終了させられます。

スポンサーリンク

退職理由をしっかり言えるようにする

退職理由は必ず聞かれます。

1社ごとに退職理由聞かれるのは大変ですが
しっかり答えられるようにしましょう。

答える際に
基本NGなのが

  • ネガティブな表現
  • うつ病アピール
  • 答えられない
  • 会社のせいにする

です。

特に私がよく言われていたのが
うつ病の過去は言うなとのことです。

入社しても

面接官
面接官
すぐに病んで辞めるんだろ?

と思われてしまいます。

マイナスにとらえられやすい部分は自分からは言わないほうがいいです。

逆に好印象なのが

  • ネガティブ⇒ポジティブ
    (以前はこうだったが⇒こうすることで克服できた)
  • 離職期間の長さをうまく答える
    (貴重な期間でしたので自分を見つめなおす期間に充てていた)
  • 会社のせいにしない
    (若かったのもあり、なんでも会社のせいにしてすぐに離職してしまいましたが、結局は自分の力不足でした。年齢的にもラストチャンスと思いこれからは自分に責任を持ち、仕事と向き合います)

私のように職歴が多い人は

自分からは退職理由の話題を出さない方法もあります。
聞かれなければ一切答えないスタイルです。

面接が始まり
しばらく一方的に話します

話す順番の例
  • 挨拶で始まり
  • 自己紹介
  • 学歴
  • 職歴
  • 挨拶で終わる

と順番に話しますが

職歴を言う際
端折ってしまえばいいんです。

  • SE職では〇〇する方法を学びました
  • メーカー職ではモノをつくる楽しさ
  • 介護職では一人で悩まず、すぐ質問しにいく方法でピンチも切り抜けてきました

などとポジティブなことだけをいい、一旦閉めてしまうのです。
退職理由など自分からは言いません。

もちろん相手によりますが、
このやり方で退職理由に触れてこなかった面接官もいました。

ハムフロ
ハムフロ
大体は面接官が仕切るのでこのやり方はあまり使う機会ないですが

内定をとれた理由

覚醒するハムスター

私の場合は面接もない所ですので大したことないですが
一応正社員雇用にはありつけました。

それでも内定までにいろんな方からアドバイスはいただくことができたので
教えてもらってよかったことをこちらに記します。

明るい笑顔で元気に面接

これが一番重要です。

どの職種でも最近研修で話が出てくるのですが、
人は第一印象が大事ということです。
暗い顔で自信なさげに面接する人より
ちょっとうるさいぐらいハキハキ笑顔
で面接する人のほうが
好印象です。

第一印象が良ければ
すっとよく思われますし

第一印象が悪ければ
ずっと悪く思われます

人間って単純ですね(笑)

これは聞いたことある人も多いと思いますが、
メラビアンの法則というのがあります。
メラビアンの法則

人はコミュニケーションをとるときに
相手に一番影響を与えるのは
言葉自体ではなく
見た目や表情が最も大事だ

という法則です。

なので面接で
『明るい笑顔で元気に面接』というのは
視覚情報と聴覚情報を使っているのです。

私自身実際、面接のサポート担当から

サポート担当
サポート担当
緊張で言葉が抜けてしまうこともあるでしょう!
ですが、最低限笑顔で元気よく話すことだけは忘れないでください!
サポート担当
サポート担当
最悪、話の内容が打ち合わせとほとんど違ってもいいです!

とまで言われたことがあります。

思えば昔
雪により電車が止まり面接を遅刻ギリギリに到着したことがありまして

ハムフロ
ハムフロ
あぶなかったーーーー…

と心臓バクバクしながら面接行って

話す内容なんて全て忘れてしまって頭が真っ白になり、
もうヤケクソだとうるさいぐらい大声で話してました。

緊張で話す内容抜けてしまってて何を話していたかさっぱり記憶になかったです。

ベテランでも平気で落とす面接でしたが、
若手で実績もない自分が受かって

上司
上司
お前面接だけは問題ないよ

褒められたなんてことがありました。

若いころ、知らず知らずにメラビアンの法則使ってたんですね(笑)
当時はそれに気づいておらずに次に全く活かしてませんでしたが(;’∀’)

なのでメラビアンの法則は覚えていると面接で役に立ちます!

妥協をしていた

正直言うと適当です(笑)

土日休めて、夜勤がなくて
将来的に稼げる業界なら何でもいいかな?って感じです。

やりたい仕事としてSEがありましたが、
30代から始めるには脳みそ的にきつい世界でしたので
勉強しながら就職活動してもさっぱり理解できずに

その道は諦めました。
※完全デスクワークで儲けるのは副業でやることにしました。

なので何の仕事したいかよくわからないまま探してました。

就業先派遣

比較的楽に入社できます。

ただ、入社後は現場配属後放置が主流です。

扱いはひどいです。
今の私がそうなので(笑)

デメリット
  • 郵便物は毎回黙って送られる
  • サポート担当がいるが関わりがない
  • 同期って誰?
  • 扱いが悪い
  • 下に見られる
  • よそ者なので助けてもらえない
  • 基本単独なので孤独

なんてあります。

ただメリットもあります。現場によりますが、

メリット
  • 基本的に責任を取らずに済む
  • めんどくさい人間関係に悩まない
  • 土日休める
  • 派遣先からスカウトがある
  • 社内会議や飲み会がない

メリットとデメリットを想定し選択するのがいいです。

人手不足の業界

これが一番入りやすいのかなと思います。

私は
介護職2社と建設業1社
経験ありますが

この業種は面接落ちたことないです。

他の業種はわかりませんが、
上記の業種はとにかく人手不足で

若者がやりたがらないので
おじさん、おばさんが多いです。
そして外国人労働者も結構います。

これを逆手に取ると
将来も考え
未経験の若者を積極採用している企業も多いので
若者は未経験でも入社しやすいのです。

ただ双方肉体労働ですので、
身体はきついです。

ケガの危険もありますが、
身体動かすのが好きな人にはお勧めです。

面接なし

採用担当
採用担当
また、紹介できる案件はございませんが、あなたに内定を差し上げます
ハムフロ
ハムフロ
え?いいの?内定なの?

って感じで受かりました。

流れ
  • エントリーする
  • 履歴書、経歴書送付
  • エントリーシート送付
  • 自己PR送付
  • 質問事項シートを答え送付
  • 電話で現場案件のご案内がくる
  • 書類選考で落ちる

といった形でしたが
他の現場受かるまでしっかりサポートするから
内定にしたいといわれる。

※当時2020年6月のためコロナウイルスの影響で面接なしでした

就業先派遣業なので
現場の面談に受からないと仕事にならないのですが、
私はあっさり落ちました、

それでも内定差し上げますと言われた感じです。

では。

スポンサーリンク

ABOUT ME
ハムフロ
社会人ブロガーです。 ハムスターとサウナが好き。 サウナスパ健康アドバイザー取得。 趣味半分×仕事半分で楽しくやってます。 サイト運営、記事作成、イラスト全て一人の完全個人です。 夢は仕事やめてキャンピングカーでサウナ巡りすること。 ※イラストの無断使用は禁止です。 詳しい自己紹介

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。