ブログ

CocoonからJINにテーマ変更すると?【比較】

CocoonからJINにテーマ変更する
ハムフロ
ハムフロ
JINに興味はあるけどCocoonが優秀だから有料テーマにする意味はあるのかな?

と悩んでいる方は多いと思います。

JINCocoonも大人気テーマです。
どちらを使っても当たりテーマですが、

CocoonもJINによる使いやすさの違いはもちろんあります。

特にCocoonは下手な有料テーマよりも優秀です!
JINからCocoonに戻した方もいるぐらいです。

無理して有料テーマであるJINにしなくても正直問題はないですが、

JINにはCocoonにない機能も沢山あります。

両方使ってみることにより、
それぞれのメリット、デメリットがわかったのでご紹介していきます。

それぞれのメリット、デメリットを知ることで、
テーマ選びの参考になります。

この記事でわかること
  • JINのメリット、デメリット
  • Cocoonのメリット、デメリット
  • JIN⇒有料テーマ
  • Cocoon⇒無料テーマ

ブログ収入アップを目指すためにJINの購入を検討している方の手助けになれば幸いです。

JINの紹介ページはこちら

スポンサーリンク

JINのメリット

JIN
CSSできなくても
JINには綺麗なレイアウトが標準で備わっているので
楽に綺麗なサイトが作れるのが一番のメリットだと思いました。

記事一つ作成するのも時間がかかることなので、
極力記事を書く手間は減らしていきたいですよね。

私はイラスト作成もほぼ自作なので、人よりも1記事に時間がかかります。
そもそもJINにテーマを変更した理由ですが、

CSSができないからです

ハムフロ
ハムフロ
私は一応元SEだけど8年も前だから、
きれいさっぱり忘れてます(笑)

初心者から上級者まで綺麗なサイトを作成できるのは、
JINの強みと言えるでしょう。

記事作成が楽に綺麗なサイトが作れる

JINのレイアウト変更方法
CSSは基本何もいじらなくても、
綺麗にまとまったサイトが作れます!

また、レイアウトに関しては
ダッシューボード⇒サイトをカスタマイズにて見出しや
トップページや記事のレイアウト変更を簡単にできます。

CSSを使用することもできますが、サンプルが豊富なので
CSSが苦手な方も安心して綺麗なサイトを作ることができます。

トップページ設定⇒ピックアップコンテンツのタイプ選択⇒記事タイプ
にすることでオススメしたい記事をリスト表示することができます。
JINのレイアウト変更方法

なお、レイアウトに関してはこちらの記事を参考にしました。

参考:クロネのブログ講座 様

私のオススメ
  • 記事作成時、ボックス作成時は
    編集画面を二窓してボックス一覧画面をあらかじめ用意し、ボックスをすぐにコピーできるようにするのがオススメ

マウスのスクロールする手間を減らします。
JINのボックス活用法

スマホ用ページもCSSいらず

私のブログはPCよりもスマホからの回覧数が多いのですが
基本ほぼPCでしか編集しないのでスマホで自分のブログを見ることは少ないです。

たまにしか見ないので、出先で暇なときに確認してみると
見辛くなっていることはしょっちゅうあります。

スマホ用ページ専用のボタンも容易に作成することができますので
これまたCSSを一生懸命やる必要がないです。

JINのスマホサイト
  • 目次ボタン
  • 上に戻るボタン
  • フッター

を設定しております。

広告管理が楽

アドセンス狩り対策については考慮していなので注意


広告管理画面からアドセンス広告を貼り付ければおしまいです。

さらにインフィード広告では広告の表示箇所を複数選択できるので、
CSSで増やす必要もありません。

HTMLタグ設定

JINでHTMLタグ設定
【head内】に
Google Analytics、Google AdSense、SearchConsole
から指定された
タグを挿入することで

テーマエディタを触ることなく

簡単に連携させることができます。

あわせて読みたいの設置が楽

ご存じでしょうか。

詳しくは別記事をご覧くださいと
ブログカードを張り付けているサイトよくお見掛けすると思います。

Cocoonですとタグで囲んでURLと画像を張り付けて
ブログカードになる方法が当たり前だと思いますが

JINはなんと

URLを貼るだけでブログカードに変わります。
画像も自動的に表示されます。

ハムフロ
ハムフロ
これは驚いたよ
CocoonからJINにテーマ変更する
CocoonからJINにテーマ変更すると?【比較】最近ワードプレステーマをCocconからJINに変更しました。 実際に体験し双方の良さをご紹介していきます。 もしテーマでお悩みでしたら、ご参考にどうぞ!...

これは「 https://humstar-suuna.com/cocoon-jin/ 」と貼っただけです。
タグなど使用しておりません。

JINのデメリット

ポカーンとするハムスター
JINだからこういうデメリットというわけでなく、
Cocoonが優秀だからこそ不満に思うところがあります。

特に感じたのは
CSSで綺麗なレイアウトが作れるのであれば
お金を払ってJINにする必要はないと感じました。

アドセンス狩り対策はイマイチ


広告管理は楽だが
ショートコードが入れられないから
アドセンス狩り対策はできない。

なので私は広告管理画面は使用しておらず、
ウィジェットに広告のショートコードを埋め込みしております。

ウィジェットの編集に不満

JINとCOCOONウィジェット
JINのウィジェットにはこれがない
  • もくじ上下
  • インデックスリスト中部

インフィード広告を入れる時に
インデックスリスト上部かインデックス下部でないと
ショートコードで広告を入れられません。

もくじの上に広告を入れるには
こちらを参考にしました。

参考:寝ログ 様より

ハムフロ
ハムフロ
インフィード広告を活かせないのは困ってしまう。

CocoonからJINに変更する場合リライトが大変

Cocoonから他有料テーマに変更する際に
スムーズにリライトできるプラグインなんてありますが、

現在はCocoonからJINに移行するのは、
1記事づつ地道に手作業でやるしかありません。

リライト作業
  • ウィジェット
  • 箇条書きボックス
  • 吹き出し

を1記事づつ修正していました。

CSSをCocoonのモノを使いたい場合には
「Simple Custom CSS」
プラグインにバックアップをとったり、

テーマエディタからでしたら
Cocoon Childから
(style.css)
(functions.php)
で使いたいコードだけ拾ってくるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

もくじ表示にプラグインが必要

Cocoonはもくじ表示のプラグインは必要ありませんが
JINには必要です。


Rich Table of Contents
Table of Contents Plus

などのプラグインが必要です。
プラグインが増えるとサイトが重たくなってしまうので
プラグインが増えるのはデメリットです。

14800円の有料テーマ

10000~18000円ほどですが、
JINは14800円で平均値あたりです。

とはいえ安い買い物ではないので
これはどの有料テーマにも言えてますが、

無料テーマのCocoonが優秀なので
有料テーマなこと自体がデメリットになります。

Cocoonのメリット

Cocoon
無料テーマの中では圧倒的に使いやすいテーマです。

実際使っている方も沢山いらっしゃいますし、
下手な有料テーマよりも使いやすいと評判です。

14800円払いJINに変えてみて思ったのですが、
JINよりも優れている機能あります。

このテーマを無料で提供されている

わいひらさん

には感謝しなければいけないレベルです。

無料テーマと思えないぐらいの多機能

使いこなすのは難しいですが、
技量、努力次第では有料テーマよりも
綺麗なサイトが作れます。

なので実際私とは逆でCocoonからJINにしても
また、Cocoonに戻す方も全然いらっしゃいます。

それほどCocoonは優秀です!

有料、無料の壁を明らかに超えています。

ハムフロ
ハムフロ
正直無理して有料テーマにする必要ないです。

ウィジェットが優秀

無料テーマとは思えないぐらい豊富で細かく設定でき

Cocoonのウィジェット
  • 人気記事
  • インデックスミドル
  • 自己紹介
  • モバイル専門のエリア

などと

ウィジェットエリアが合計「29」もあるので
ウィジェットエリアが「9」のJINよりはるかに多いです。

吹き出し機能が便利

個人的には少しでも楽に記事が書けるようになることが大切だと思っていますので、
CSSは難しいので極力使わないのが楽に記事を作れていいなと思ってます。

Cocoonでしたら
CSSを触らずに吹き出し機能を作れます。

吹き出し画面より作成し、
編集画面では
ビジュアルテキストの吹き出しより選択する

詳しくは作者であるわいひらさんのサイトをご覧ください

参考:Cocoon公式ページ 様

ビジュアルエディタより挿入した後にHTMLエディタを見ると
コードにかなり幅をとっているのは気になりますが、
デメリットはそれぐらいです。

ハムフロ
ハムフロ
こんな素晴らしい機能に3,4か月気が付かなかった(笑)

Cocoonのデメリット

ぴえん
Cocoonnは素晴らしいテーマですが、

Cocoonnのデメリット
  • デザイン変更の難易度
  • 機能の多さ

がデメリットになります。

オヤジ
オヤジ
機能が多いのはいいことだろ

と言いたい気持ちはわかりますが、
要は使いこなすのが難しく、

検索して調べる回数も増えてきます。

機能があまりに多すぎて使いこなすのが大変

半年ほどCocoonを使用していましたが、
わからないままの機能が沢山ありました。

しつこいようですが、無料テーマとは思えないほど
豊富な機能があるので

とても紹介しきれません(笑)

詳しくは作者であるわいひらさんのサイトをご覧ください

参考:Cocoon公式ページ 様

カスタマイズにCSS必須

レイアウトやデザインを綺麗なものにしたい場合
CSS必須です。

CSSも経験のない人からするとすごく難しいので
フリー配布しているCSSコードを頂くのが一番楽です。

デザインに個性を出しにくい

Cocoonを使用されているブロガーさんは非常に多いので、

それが逆にデメリットになります。

Cocoon自体は結構シンプルなデザインなので
なかなか他サイトとの違いが出しにくく、

似たり寄ったりなレイアウトになりがちです。

おしゃれなサイトにするのが難しいのです。

JINにしてみて

拍手喝采
CSSに悩まされていて気にしながら記事作成をしていたのですが、
記事作成以外のところにほとんど時間を取られなくなり、

余計なことを気にせずに記事作成できるようになったのは
ストレスも減り、うれしいです。

個人的にはJINにしたかいがありました。

Cocoonをダウンロードする
JINをダウンロードする

スポンサーリンク

ABOUT ME
ハムフロ
社会人ブロガーです。 ハムスターとサウナが好き。 サウナスパ健康アドバイザー取得。 趣味半分×仕事半分で楽しくやってます。 サイト運営、記事作成、イラスト全て一人の完全個人です。 夢は仕事やめてキャンピングカーでサウナ巡りすること。 ※イラストの無断使用は禁止です。 詳しい自己紹介

スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. masanolog( より:

    私も「アフィンガー」買った時に同じことを思いました。なんというか有料テーマというのはこれだけ払ったから頑張ろうみたいに自分を説得するものかもしれないと今は自分を説得しています(笑)まぁやっぱり有料だけに細かいところは流石!ってところも多いですよね。

  2. ハムフロ より:

    コメントありがとうございます!

    確かに有料テーマ買うこと自体が投資になるので、頑張るぞってなりますね(笑)

    自分を説得!
    すごくいい言葉ですね(*´ω`*)b

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。